一般財団法人 Pan Asian協会

お問い合わせ

ビジョン

協会理念

21世紀を迎えた今、国境を越え人種を越え世界中の人々が豊かで幸せに暮らせる環境を築く為、国連が提唱する人道的プログラムを軸に、相互益の理念に基づきPan Asian協会は日本から発展途上国への技術的、経済的支援の先駆者として世界に向けて真の豊かさを求めるべく活動を国際社会に提唱していく事である。

Pan Asian協会の「相互利益」理念

「我々は人種・宗教・文化を超えた一つの協力体して共存していくべきである」と言うのが財団本部・Pan Asian協会の信念です。アフリカをはじめとした多くの発展途上国が直接なサポートを必要としています。「発展途上国が経済的に力を持ち、国際社会で自立できるようにサポートして行くことが真のサポートである」という趣旨のもとPan Asian協会は設立しました。
Pan Asian協会のサポート活動に於いて、単なるボランティア団体とは異なり発展途上国を支援しながら、同時に途上国の方からは友好的に豊富な資源を供給して頂く事が、相互の利益理念に基いた本当の支援活動と言えます。国連の人道的支援プログラムを以って、人が豊かな暮らしが出来るようサポートし、よりグレードの高い確実な支援活動を求め、日本の未来と理想の現実を目指し推進していく為に、最も大切なことは、「サポートする側とされる側が相互に利益を共有できる関係」を長期に渡って築き上げることで、先進国、発展途上国の間に正しい協力関係を築き、互いに必要な利益を得、発展していくことが目的であります。

会訓

誠意情熱和をもって
国際社会における
人道的使命を達成しよう

三誓
  1. 私はPan Asian協会の職員として自信と誇りを持ち、誠心誠意を信条とし世界の人々に接する事を誓います。
  2. 私はPan Asian協会の職員として、人道的精神に立脚し協会の理念に留意し世界平和に貢献する事を誓います。
  3. 私はPan Asian協会の職員として誰よりも進んで仕事を愛し人道的支援を第一に、一致協力して協会の発展のために尽くす事を誓います。

最高の結果を生み出すための強力なチームワーク

一般財団法人 Pan Asian協会は、国連経済社会理事会より正式に承認されたNGO団体財団本部の一員として、国際的なチームワークを生かして活動して参ります。

国際連合

国境を超えた平和・安全の維持

国連は、1948年に世界人権宣言を採択してから現在まで国境を超えた平和、安全の維持に努めてきました。アメリカ、ニューヨークに本部を置き、世界中から多くの国がメンバーとなりその理念に賛同し支援しているNGO「非政府団体」が世界中に活動しています。

NGO団体財団本部

発展途上国へのサポート

国連経済社会理事会より正式に承認されたNGO団体財団ブラックヒストリーマンス(黒人歴史月間)創設や国際通商プロジェクトの活動

組織図
Pan Asian協会

日本ならではのアクション

Pan Asian協会は財団本部のアジアでの活動を強化することを目的に、先進国の一員である日本から、アジアを初めとした発展途上国に文化交流を通して、これまでにない画期的で斬新なアイディアで支援サポート活動をおこないます。

日本は先進国として、発展途上国に経済支援をしていく立場にあります。
私たち日本人がこれからの世界の中で重要な役割を担っていくには、
このような発展途上国に対する支援活動は欠かせないものなのではないでしょうか。

日本だからできること

国連経済社会理事会に諮問資格を持つNGO財団本部の発展途上国に対する活動に、私ども、Pan Asian協会が参加することにはどのような意味があるのでしょうか。財団本部のサポートする発展途上国には天然資源の豊富な国が多数あります。しかし、その資源を有効に活用できるだけの技術力や、ノウハウが大幅に不足しており、インフラ整備や技術指導を始めとしたサポートが渇望されています。
天然資源の大部分を輸入に頼っている日本にとって、そのような国々に必要な技術的、経済的サポートをしていくことは大きな意味があるはずです。日本の誇れる文化を通して技術力、経済力を提供し、文化交流を通して、友好的かつ協力的な発展途上国との関係を築くことは、これからの天然資源問題を考えても大変有益なことではないでしょうか。そしてこのような活動が財団本部の提唱する「相互利益」理念につながります。
さらに、日本は武力を交えず世界中の国々と調和、共存していける数少ない国の一つのでもあります。昨今財団本部が活動を行っている国々でも、政治的な対立の起きにくい日本との取引を希望する国が増えており、Pan Asian協会は今後中心的な役割を担っていくことになります。21世紀に入りTPPなど経済的にも困難な状況を迎えておりますが、「日本文化の持つ良さ」をPan Asian協会の文化交流に於いて、国際貢献していくことがこれからの日本の発展のために必要不可欠ではないでしょうか。

主力推進事業

発展途上国では国民への電力供給が大きな課題となっています。世界では現在、約13億人が電気のない生活を送っています。電気があれば、教育・通信・農業・商業など様々な分野で大きな改善が見込めます。Pan Asian協会は、この発電事業に主力を置き、財団本部の「相互利益」理念に基づき、日本人にしかできない日本の文化交流活動でこれからの新しい人道的支援活動を推進してまいります。Pan Asian協会会員の皆様と共に世界に向けて本当の心の真の豊かさを求めるべくこれからも努力してまいります。

Pan Asian協会が日本にもたらすもの

Pan Asian協会の活動の中心は、政府機関、民間企業、ベンチャーマインドを持つ個人への情報提供です。Pan Asian協会は、サポートを必要としている発展途上国の情報を会員の皆様に提供し、日本と途上国間の協力関係構築への橋渡しの役を務めます。
また、全世界に広がる財団本部のネットワークから寄せられたビジネス情報を会員の皆様に提供し、会員の皆様ビジネスの推進を図ることや、国連を通して日本からのビジネス情報を世界に向けて発信することが出来ます。財団本部は国連経済社会理事会に(ECOSOC)於いて、諮問資格のある顧問NGOとして承認されています。
国連や財団本部ネットワークをバックボーンとして活動することにより、グローバルなビジネス展開をすることが可能です。

Pan Asian協会について